Linuxとは?Linuxを使ってできることとその特徴


そもそもOSって?

LinuxはOSの一種です。OSとは、オペレーティングシステムの略称です。OSもプログラムの一つで、コンピュータの中に組み込まれています。コンピュータを動作させるためのベースとなるソフトウェアなので、基本ソフトウェアと言われみなさんが使用しているパソコンにも入っています。

しかし、パソコン=OSではありません。パソコンはあくまで箱のようなもので、OSはその箱の中身になります。なので、パソコンによって組み込まれているOSは違います。代表的なものだと、AppleのMacシリーズはMacOSを、そのほかのPanasonicのLet’s noteやMicrosoftのSurfaceはWindowsが使われています。

OSの役割は、キーボードやマウスなどから受け取った情報を処理し、その情報をもとにしてデスクトップに文字出力したり、カーソルを動かしたりと、パソコンがパソコンであるための基本的な動作を行っています。

ここでは、一番身近なわかりやすくパソコンを例に出しましたが、他にも車や家電など、コンピュータが入っている機器には全てOSが入っています。

Linuxとは

Linuxは先ほど解説したOSの一種です。MacOSやWindowsと同じように、コンピュータの基本的な制御を行ってくれます。

Linuxの歴史は古く、大きな特徴を一言で言うと、オープンソースであるという点です。オープンソースとは、誰でも無料で使用することができ、自由に買い換えが許されているソフトウェアのことを言います。現在ではAndroidやMacOSなど、多くのOSがこのLinuxをもとに設計されています。

Linixの特徴

では、具体的にLinuxはその他のOSとどんな風に違っているのでしょうか。いくつかの特徴に分けて説明します。

無料で使える

先ほども説明した通り、Linuxは無料で使用することができます。無料といっても、チープな作りではなく、先人たちの知恵と労力が詰まった高性能なOSです。

現在ではその入手しやすさから、多くのコンピュータに入っており、特にサーバーなどいくつものコンピュータを用意しないといけない場合に活躍しています。

また、Linux上で動作する関連ソフトウェアも無料で使用できる場合がほとんどです。お馴染みのExcelやWordなどと同じオフィスソフトのOpenOfficeがその代表です。

書き換え可能

Linuxは誰でも自由に書き換えることができます。自分の使いやすいように好きな設計にできますし、もし書き換えたことで壊れたとしてもまたインストールし直すことができます。

AndroidやMacOSのようにパソコンで動かすためのOSを自分で作ってみてもいいですし、サーバーや車などその他の電子機器で動作されるための特別なOSでできるかもしれません。

CUI操作

Linuxの主な操作方法はCUIで行います。もちろんデスクトップにショートカットやカーソルを用いても操作など、GUIにも対応をしていますが、基本的にはCUIでの操作になります。

そのため、Linuxを操作するためにはコマンドを覚えたり、文字列での操作に慣れる必要があります。この辺がLinuxが取っ掛かりにくいと感じる点ではないでしょうか。

しかし、よりコンピュータについて理解するためにもコマンドによるOSを操作は理解しておくべきでしょう。先ほども説明した通りLinuxは何度でも無料でインストールできるので、壊したとしても問題ありません。コンピュータについて深く勉強するツールとして、Linuxは最適なOSです。

まとめ

Linuxの知識はパソコンだけではなく、電子工作などあらゆる電子機器の設計において重要になります。Raspberry PiやArduinoも例外ではありません。より高度な作品を作成したり方はしっかりと理解しておくことをおすすめします。とはいっても全て完璧に理解する必要はなく、電子工作のシーンでは大体いつも使用するコマンドなどが決まってきますので、初めは基本的な部分だけでいいと思います。もし興味が沸いてきたら、さらに深く勉強をしてみてください。