【アクアリウム編】RaspberryPiを使って水槽をハック、家庭でできる制作アイデア6選を紹介


Raspberry Piを使って電子工作をしてみようと思っても、具体的にどんなことができるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。今回はRaspberry Piを使用したハイテクアクアリウムの制作アイデアを紹介していきます。水槽とRaspberry Piを連動は定番で用意するものも簡単に手に入るので、初心者の方でも挑戦できるものばかりです。自宅に水槽があり、これから何か作ってみたいという方はぜひ参考にしてみてください。

水温をグラフ管理

アクアリウム
http://record.uvs.jp

必要な道具

  • 水温計
  • 室温系
  • Raspberry Pi(セットアップ一式)
  • コネクタ付きケーブル
  • ユニバーサル基板
  • 抵抗器

制作フロー

  1. センサとRaspberryPiの各種セットアップ
  2. センサのデータをRaspberryPi側で取得
  3. 取得したデータをcsvファイルに書き込み
  4. csvファイルをgoogleチャートを使用してチャート形式でデスクトップに出力

詳細はこちら

水槽用にラズベリーパイで水温計を作ってみた♪

自動餌やり機

feedmachine
http://tiger-star.net

必要なもの

  • 餌やり機の材料
  • サーボモーター
  • Raspberry Pi
  • ブロッドボード
  • コネクタ付きケーブル

制作フロー

  1. サーボモータを使って餌やり機の作成
  2. 餌をやる条件をプログラム

詳しくはこちら

Raspberry Pi2を使ってリモートで餌やりをする

水温状態をローカルネットワークで照会

aqualium
http://readwrite.jp/infrastructure/5636

必要なもの

  • 実験妖回路盤
  • ジャンパーワイヤ
  • 防水デジタル用温度センサ
  • Pi Cobbler
  • 4.7k 抵抗器
  • ワイヤレスUSBアダプタ

制作フロー

  1. Raspbianインストール
  2. 回路基板のセットアップ
  3. センサから温度情報を取得するコードをプログラミング

詳細はこちら

Raspberry Pi(ラズベリー・パイ)を使ったハイテク・アクアリウム

水槽のLEDを自動で店頭。消灯させる

aqualium
http://tiger-star.net

必要なもの

  • パワーLED
  • ブレッドボード
  • ピンヘッダ
  • ブレッドボード用コネクタ

制作フロー

  1. パワーLEDとブレッドボードの回路セットアップ
  2. 電源のON、OFFをPythonで実装

詳細はこちら

Raspberry Pi2で水槽のLEDを自動点灯/消灯する

水槽の水温をスマートフォンで管理

http://ameblo.jp

必要なもの

  • Raspberry Pi
  • 温度センサー
  • フリーアプリBLYNK
  • ブレッドボード
  • ジャンプワイヤ

制作フロー

  1. Raspberry Piのセットアップ
  2. 基板のセットアップ
  3. 温度センサから情報を取得するコードをプログラム
  4. BLYNKの設定

詳しくはこちら

http://ameblo.jp/tpleco/entry-12236518806.html/

まとめ

最近はスマートホームなど、IoTを利用してコンピュータで自動制御するテクノロジーがトレンドになっていますが、Raspberry Piなど身近に手に入るものでも簡単なスマートテクノロジーが実現できます。身近なものでできるので、子どもと一緒に作っているのもいいかもしれませんね。